金沢のまちで働く人やまちが大好きな人が巡る金沢観光コース

金沢観光おすすめスポット!交通費たったの200円で巡るお得な王道コース

金沢観光をお得に巡れるコースを「まちバス」スタッフがご紹介します。交通費たったの200円!「まちバス」に乗って金沢市民の台所「近江町市場」で名物グルメを堪能し、金沢城公園をお散歩。金沢で絶対外せないスポット、日本三名園の一つ「兼六園」へ。金沢で芸術に触れる「金沢21世紀美術館」を巡るとってもお得に金沢観光を楽しめるコースです。(2016年2月)

昼からスタート!

  1. まずは金沢駅兼六園口(東口)から出発

    金沢駅

    まずは金沢駅兼六園口(東口)からスタート。

    • 兼六園口を出ると、まず目に入ってくるのがこの大きな鼓門。2011年にアメリカの旅行雑誌のウェブ版で「世界で最も美しい駅14選」の一つに選ばれたこの駅。ガラス張りの屋根は、雨の多い金沢らしく、「お客様にそっと傘を差しだすおもてなしの心」を表現しているとか。今や、ここは金沢でも人気のフォトスポットになりました。

    • 駅の入口を出て、左側に見える青色のサインが「まちバス」のりば。土日祝日のみの運行ですが、20分毎にバスが運行しています。この「まちバス」と「JRバス」はSuicaやPASMOなどが使えるので、とても便利です。私たちスタッフがバスの乗り方や市内の回り方などご案内していますので、何でもお尋ねください!

  2. 金沢市民の台所、「近江町市場」を探検!

    1つ目のバス停「武蔵が辻・近江町市場」で下車。目の前が近江町市場です。

    • 新鮮な魚や野菜などがそろっている近江町市場。最近では、海鮮丼やすし、金沢おでん屋など飲食店も増えてきました。生牡蠣やフルーツなどが店頭で気軽にたべられるお店もたくさんあります。しばらく近江町市場内を探検!

    • 近江町市場を抜けて、右に曲がります。

  3. 実は、近江町市場から金沢城(黒門口)は意外と近いんです

    金沢城の入口、黒門口が見えてきました!ここから金沢城へ入ります。わざわざまたバスに乗って、兼六園下に行かなくても、実は近江町市場から歩いてお城に入れるんです!バス代も浮くし、健康にも◎。

    • お城の中を通って出てきたのが、よくテレビなどで見る石川門。金沢城はいくつも入口があるので、たいていはここから入る人が多いですが、実は、意外と近江町から近いんです!

  4. 季節によって表情が違う日本三名園の一つ兼六園へ

    石川門の目の前には兼六園が。日本三名園の一つ、兼六園は、やっぱり外せないスポット。季節ごとで表情が違うので、何度来ても飽きません。時間の目安は急いで回れば、30~40分、ゆっくり回れば、1時間~2時間くらいです。入園料は310円。

  5. 何度来ても楽しい!大人から子どもまで楽しめる金沢21世紀美術館

    金沢21世紀美術館

    https://www.kanazawa21.jp/

    兼六園をぐるっと一周回って、真弓坂口から兼六園を出て、交差点を渡ればすぐ21世紀美術館。有名なプールの作品やミュージアムショップなどの無料ゾーンだけでも見る価値あり!大人から子供まで楽しめるしかけがいっぱいです。

    • 21世紀美術館の向かいにある「金沢能楽美術館」と「クラフト広坂」の建物の間の通路。向こう側に見えるのが旧県庁の「しいのき迎賓館」です。アートのことはよく分からないけど、ステキだなと思う空間です。

  6. 21世紀美術館目の前にあるバス停から金沢駅へ

    まちバスバス停「金沢21世紀美術館・兼六園」

    21世紀美術館の目の前にあるバス停からまちバスに乗って金沢駅へ。(美術館のインフォメーションから一番近い出口を出る)ここからバスに乗れば、座れる確率が高いです。 回り方によっては、こうしてバス代たったの200円で主要な観光地が回れちゃいます。(ただし、まちバスは土日祝日のみの運行なのでご注意を)

今回のコースマップ

ページトップへ