デカケル.jp

東京観光コースが集まるサイト

現在の登録コース

986 コース!

【川崎】東芝未来科学館で子供の好奇心を育む親子おでかけコース

川崎にある東芝未来科学館は子供の好奇心を育むおすすめスポットです。ラゾーナ川崎を中心に、再開発でキレイになったJR川崎駅西口を中心に親子カフェの「カフェ ナナリシャス」でランチして、東芝未来科学館でたっぷり科学に触れます。そして帰りは、花のババロアhavaro/PARADISでお土産を購入。楽しさやおいしさがギュっと凝縮された親子おでかけコースです。

夕方からスタート!

  1. JR「川崎駅」に到着

    東海道線、京浜東北線(根岸線)、南武線が利用できる、東京と横浜を繋ぐ駅です。 京浜急行の川崎駅もすぐ近くで、路線バスも多いのでアクセス抜群です。

    • 現在、改札口は一つです。(2017年度に北口自由通路が整備され、改札が増える計画があります。) 出て左側が今回の目的地「西口」です。

    • すぐに複合商業施設「ラゾーナ」のエントランスが見えてきます。

  2. 昼は2階が親子カフェ、夜はもつ鍋がおいしい居酒屋に変身「カフェ ナナリシャス」

    ナナリシャス 川崎店

    http://www.nana-licious.com/

    ラゾーナに寄りたい気持ちを抑え、先に親子カフェに向かいます。JR川崎駅西口から徒歩7分。カフェの営業時間は月~土 : 11:00~18:30(ラストオーダー18:00)、日 : 11:00~18:00(ラストオーダー17:30)です。定休日 : なし(年末年始を除く)

    • 駅前の西口バスターミナルから、大きな通りを進んでいきます。

    • 中幸町4丁目の交差点を左に曲がります。

    • 中学校を右手にずっと直進し、大きい道路に面している「南幸町」の交差点にナナリシャスがあります。

    • キッズスペースは2Fになります。1Fではお子さん連れではないお客さんがお食事されていて、うまく区切られています。

    • ママさん向け雑誌や絵本があります。離乳食の販売もしているので、乳児連れでも手ぶらで来ることができます。

    • 2Fは手前が飲食スペース、奥がキッズスペースになっています。天井にTVが設置されていて、子供向けのDVDが流れています。

    • 滑り台にのぼって、さっそく見ています。奥にはベビーベッドや赤ちゃん用のバウンサーもあります。

    • そろそろ3歳後半ですが、まだまだこういうおもちゃが楽しいみたいです。

    • 夕方17時で他のお客さんがおらず、貸し切り状態でした。キッズスペースは床が柔らかくなっているので、ゴロゴロするだけでもよさそう♪

    • お手洗いにはしっかりベビーキープ。

    • 落ち着く授乳スペースもあります。

    • カフェメニューはパスタを中心に、ハンバーグやカレーライス、飲み物が充実しています。

    • ハンバーグプレートにしました。ライスの上にハンバーグ、目玉焼きが乗っています。添えられたフライドポテトとサラダで、彩りとボリューム感があります。

    • おもちゃ箱が柔らかくなっているので、万一ぶつけても安心です。

    • カウンター風の席では、こどもを見守りながら食事をとることができます。初回来店時にメルマガ登録をしておくと、次回以降のキッズスペース料金が無料になっておトクです。次回の注文時に、届いたメルマガをお店の方に提示します。

  3. 無料!駅近!学べる!楽しい!天候問わず!の5つが揃った「東芝未来科学館」へ

    2014年1月に東芝未来科学館がリニューアルオープンしました。これまでは同じ区内の別の場所にあったのですが、よりアクセスのいい川崎駅西口にお引っ越ししました。

    • 開館時間は火~金曜日10:00~18:00、土・日・祝は10:00~19:00です。休館日は(祝日を除く)月曜日です。駅からラゾーナを通ってぬれずに到着できます。屋内なので雨が降っても、外が暑くても寒くても、日が短くなっても遊びやすいですね。

    • エントランスは2階で、ガラス張りの明るい雰囲気です。入場料は無料なので、チケットなどを購入することなく入ることができます。

    • 東芝の歴史コーナーです。小さい頃から発明が得意だった、東芝の創始者の田中久重氏ともう一人の創始者、藤岡市助氏の歴史と発明の品が展示されています。

    • 懐かしの電化製品コーナーでは、大正時代から昭和にかけて開発された家電の実物を見ることができます。親世代には懐かしい製品も、こども達には新鮮に映りそうです。

    • もちろん体験コーナーも充実しています。「サイエンスゾーン」で50万ボルトの電気を体験することができます。この球体に手を触れて、スイッチを入れると…

    • 静電気で髪の毛が逆立ちます!電気がビリビリと感じられることはありません。年齢制限も特になく、お姉さんの指示通りに手を離さないままできれば、小さいお子さんでも大丈夫そうです。

    • 「ナノライダー」は半導体の世界をシュミレーションゲームで体験できます。2つのレバーでマシンを操作し、光るアイテムを集めます。一定時間になったらゴールを目指し、高得点を狙います。ランキングも表示されます。

    • ホーム&ヘルスケアコーナーでは「スマートステップ」という、足下のパネルを分で理想の部屋や家をつくるゲームで遊べます。

    • エコカーをゲットしました★ テトリスのように、画面上からアイテムが降りてきます。省エネ家電やおしゃれな観葉植物などを集めて、ステキなスマートハウスを作りましょう。

    • ↑のマークと細長い形に見覚えはありませんか?そう、自動改札です。透明になっていて、中の構造がわかるようになっています。ボタンを押すと、該当箇所が光ります。

    • フューチャーゾーンの「まちの未来へ」ではマチスキャナーというタブレットを貸してくれます。画面を通じてジオラマを見ると、アニメーションが始まり発電の仕組みなどが紹介されます

    • 山には風力発電のアイコン、山あいにはダムのアイコンがあります。これをスキャナを通して見ながら、エネルギーや資源の大切さを学ぶことができます。

    • フューチャーゾーンの「キミセンサー」では心拍数を計って画面の前に立つと、体の状態をキューブで表現してくれます。

    • 着ている服の色の情報や身長から、こんなキャラクターが作られました。このあと、体の水分量を教えてくれたり、リズムゲームが始まります。

    • 「ビルタッチ」では、空調と照明を快適に調整するゲームと、エレベーターを制御するゲームの2種類を遊ぶことができます。息子は身長が90センチで、ばっちり遊べるようになるにはもっと身長が必要なようです。

  4. 東京駅で大人気の「花のババロアhavaro/PARADIS」が、ラゾーナ川崎に!

    食べられるお花、エディブルフラワーを使ったババロア専門店です。今年の母の日のギフトに東京駅一番街で購入しました。川崎にも2015年10月にオープンしたそうです。

    • 東芝未来科学館を後にして、ラゾーナ川崎プラザに向かいます。

    • 連絡通路で繋がっていて、2階のベビー休憩室のあたりに出ます。

    • 飲食店やお惣菜、スイーツのお店が集まった1Fのグラン・フードのマップです。

    • オレンジを基調とした、明るい感じのお店です。

    • 以前、大きい方のブーケ(15cm)を購入したので、今回はフルール~(7cm)にしてみました。

    • エディブルフラワーの説明です。お花屋さんのような華やかさですね♪

    • 苺のピューレが色鮮やかな「フレーズ」(左)と白地にお花が映える「クリームチーズ」(右)を買って、帰宅後にいただきました。水菓子のようにキラキラしていて、なんだか食べるのがもったいない…。滑らかなババロアの食感と、シャキシャキしたお花の新食感です。上品な甘さで、喜ばれることまちがいなし!

  5. 「川崎駅」からバスで帰宅

    川崎駅は東口、西口からたくさんのバスが出ています。 お住まいの場所によっては、バスも便利そうです。西口は川崎駅西口・川崎駅西口北を合わせて7カ所15系統のバスが出ています。

    • ラゾーナ川崎、ミューザ川崎、川崎駅の間がバスターミナルです。

    • 「次はパパと来ようね!」と大満足のようでした。

今回のコースマップ

ページトップへ